クレジットカード審査で落ちる理由

せっかくクレジットカードの申し込みをしたのに、突き付けられたのは審査落ちという悲惨な結果。他の会社に申し込むことは可能ですが、やはり審査落ちしてしまうとヘコんでしまいますよね。そこで、次の申し込みの前にクレジットカードの審査で落ちる理由を知っておきましょう。

まず、最も気を付けたいのが申込書に不備はなかったかです。そんな馬鹿な話と思われるかもしれませんが、意外にも多いのがこれ。申込書の記入が間違っていたり、字が汚すぎて読めなかったり。また、故意で嘘の情報を記していたり。書類関係の不備はアウト。字に自信がない方はインターネットから申し込みを行うといいでしょう。次に、あなたのステータスが審査基準を満たしていない可能性があります。クレジットカードの審査では収入や勤続年数、住居などを考慮したうえで点数におこす、スコアリングシステムが採用されています。

これで会社側の定める基準に達することが出来ないと、審査落ちとされてしまうのです。収入はきちんと安定しているか、職業は正社員か、勤務先は大企業か、住居は自分の持ち家だろうか、結婚がしているだろうかなど。あげていけばキリがないですね。審査に落ちる方の場合、このあたりが残念ながら審査側の望むものになっていない可能性があります。簡単に言ってしまえば、フリーターで収入が安定していなかったり、職業を転々としていたり、家族がいなかったり。そういった不利な条件が多いと審査落ちの確率もアップしてしまうでしょう。

審査時には信用情報機関を通じて借り入れ状況についてもチェックされますので、借金が多い人は注意。あまりに借り入れが多いと、やはり審査通過が難しくなります。また、クレジットカードは発行枚数の制限をかけることがあります。特にゴールドカードなどは会員を増やしたくない時期があるようです。これについてはタイミングなので少し待ってから、再度申し込んでみるのもいいでしょう。ちなみに、キャンペーン時は審査に通過しやすいそうです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP