クレジットカードの審査に通るコツ

どうせクレジットカードを申し込むなら、一発で審査通過としたいところです。そこで、今回はクレジットカードの審査に通過するコツをいくつか紹介しましょう。まず、記入用紙はなるべく丁寧に書くように心がけましょう。

どうにも申込書の不備で落とされる人は予想以上に多いよう。本当は必要な情報が入力されていなかったり、電話番号や住所が間違っていたり、そもそも字が汚すぎて内容が読み取れなかったり。こういったことがあると、ステータス的には十分でも審査落ちの結果になってしまいます。

手書きだとミスをすることが多いので、心配な方はインターネット申し込みを行うといいでしょう。また、必要事項に嘘を書かないこともひとつのコツ。人によっては収入や勤続年数、雇用形態を盛ることがあるようですが、嘘はほぼ確実にバレますし、嘘をついたと分かれば審査でマイナスとなるのは確実です。

たとえば、雇用形態はもちろん正社員が最もいいでしょう。派遣やアルバイトなどは審査マイナスの対象になると思います。

しかし、正社員と書いて嘘だとバレれば、そのマイナスの方が大きいはず。そもそもクレジットカードの審査はあなたが「信用」に価する人物かを確かめています。そんな場で堂々と嘘をつく。審査側からすれば即落としたいくらいの気持ちでしょう。ちょっとの嘘ならという悪魔のささやきは頭の中からカット。必ず本当の情報を書くようにしてください。

審査に通過するためには、審査が緩めとされる会社に申し込むのもいいかもしれません。クレジットカードの審査は会社によって違い、A社では落とされてもB社で通過なんてザラです。このあたりはネットの情報や口コミをもとにしてみましょう。

ちなみに、いくら通過したいと言っても何社も同時に申し込んではいけません。同時に申し込むのはせいぜい2つ。できれば審査が終わるのを待ってから次の会社に申し込むようにしてください。これもコツのひとつだと思っておくといいでしょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP