クレジットカード審査の流れ

ネットでよさそうなクレジットカード会社を発見。早速必要な情報を記入して申し込み。そうすればクレジットカードの審査が始まるわけですが、一体どのような流れで審査をされているのでしょうか。まず、申し込みの後は必要な情報が全て埋まっているかがシステムで確認されます。

それが終わると、次はあなたがクレジットカード作成に足る人物か、いわば信用できる人物かがチェックされます。こちらの項目では個人信用情報機関と呼ばれる場所に問い合わせ、過去と現在のクレジットカード利用履歴を確認、いくらくらいの借金があるかまるわかりです。

ここで多大な借金が確認されてしまうと、審査落ちと判断されてしまうでしょう。また、申込者の個人情報も同時に確認。年齢や勤務先、勤続年数や収入などによってスコアリングと呼ばれるシステムに点数付けしていきます。簡単に言えば信用度が高いほど点数がアップするわけです。

たとえば勤続年数が長ければ長いほど、信用に足る人物と言えますよね。他にも勤務先が大企業、年収が500万円以上などなど。このあたりは分かりやすいでしょう。要は自分の社会的なステータスに応じて点数がつけられ、それによって審査通過が決まるわけです。この時、本当に勤務先が存在する会社かも確認されます。具体的な方法は電話。申し込みの際に記入した勤務先にクレジットカード会社から電話がかかってくるでしょう。

まれにですが、嘘の情報を書いて審査に通過しようとする方がいますからね。ちなみに、この行為は絶対にNG。嘘の情報は十中八九バレますし、嘘と分かれば審査通過は難しくなるでしょう。在籍確認が終われば、どのくらいの金額使えるカードにするか判断され、最終的にカードが郵送されてきます。

金額についても当然ながら信用度が高いほど、額が大きくなってきます。要は信用度が高ければ50万円、逆に信用度が低ければ10万円までのカードということです。以上がクレジットカードの審査の流れとなります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP