これで安心!クレジットカードの審査ガイド

これで安心!クレジットカードの審査ガイド

Amazonを初めとしたネットショップでのお買い物、外で冷蔵庫やテレビなど大きな買い物をした際のお支払い、いざという時の分割払いなどなど。ひとつ持っておくだけで非常に便利なアイテムと言えば、なんといってもクレジットカードですよね。

特にネットショッピングはクレジットカードがないと最大限に楽しめません。

一応は代引きやコンビニでの支払いも可能ですが、前者は概ね手数料がかかりますし、後者はせっかくのネットショッピングなのに外に出なくてはなりません。

怠惰と言われようが家の中で全てを完結させたい時もあるのです。他にもポイントが貯まるので普通の支払いよりもお得であるなど、何かとメリットは多いと思います。

しかし、そんなクレジットカードを作るには審査というものが必要。

ご存知の方も多いと思いますが、クレジットカードはSuicaやPasmoのように簡単に作れるものではありません。

クレジットカードに個人情報を記した紙を提出したり、ネットで情報を登録したりしたのち、会社側での審査が行われ、それに通過して初めて手に入れることができるのです。

いわば選ばれしものだけが手に出来る魔法のカード・・・は言い過ぎかもしれませんが、とにかく審査があることだけは事実です。

いくら丁寧に個人情報を登録して申し込んでも、審査に通過しなければ全ては水泡に帰る。クレジットカードを手に入れることができません。

クレジットカードにはどんな審査がある?

そんなクレジットカードの審査。これにはきちんと流れやルールがあり、落ちる人にはそれなりの理由があります。

そこで今回は、そんなクレジットカードの審査についてご紹介。これを知っておくだけで審査に対する考え方が変わりますし、どうすれば審査に通過するかもわかってくるでしょう。

外出先で急に入用があったりした時も本当に便利。最近は他の機能がついてカードもいろいろありますし、持っておいて損はないでしょう。

よくクレジットカードが怖いという方もいるようですが、使い方を誤らなければ怖くないですよ。

審査は無し?デビットカード発行のために必要な手続きについて

デビットカード発行のために、必要となる手続きについて記しましょう。クレジットカードのように与信審査はありませんから、単純で簡単に済むものと考えればよろしいです。

既に預金口座を持っている金融機関で作る場合

デビットカード発行のために必要な手続きは、既に口座を持っている金融機関かそうでないかで少々変わります。

その銀行など金融機関に口座があり、そして利用可能な年齢に達していることが、デビットカードが発行される条件です。

年収を見て与信審査されることはないため、手続き自体は大して時間も掛からずに済みます。

既に口座を持っている金融機関でデビットカードを作るには、申し込み手続きだけで済むでしょう。

その際に必要となるのは口座番号などであり、何か特別に書類を用意する必要はない場合がほとんどです。

預金口座をデビットカードでの決済に関連付ける手続きですから、収入状況を探るような審査も必要としないわけです。はっきり言ってしまえば、手続きというほど大それたことは必要としません。

口座のない金融機関で新規に作る場合

預金口座を持っていない金融機関でデビットカード発行を求めるのであれば、まず口座を開設しなければなりません。

ですから、この場合にデビットカード発行のために必要な手続きは、預金口座開設の手続きです。

口座開設の手続きと同時に、デビットカード発行の申し込みもできる場合が多いでしょう。預金口座を開設するには本人確認の書類を必要とします。

参考:口座を開設されるお客さまへのお願い

デビットカード発行のためと言うよりも、預金口座を作るために書類を用意する必要があるわけです。

その点では、口座開設のための審査を受けることにもなるでしょう。

審査と言っても与信審査の類ではなく、犯罪絡みやマネーロンダリングの類でないか、といった審査です。

口座のない金融機関でデビットカードを発行してもらうにしても、預金口座を開設するぐらいで何も難しいことはありません。

デビットカード発行のために必要な手続きは、既に預金口座のある金融機関であれば申し込みで済み、与信審査は無いです。

口座を持っていない金融機関であれば、口座開設の手続きを必要とし、犯罪絡みでないかなどの審査はあるでしょう。

おすすめクレジットカード参考サイト

クレジットカード屋さん元スタッフが教える!クレカの裏ワザ・お得術

Menu

TOP